読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニゴブ貫きナーフについて

お久しぶりです。まちすけです。

 

 

ミニゴブとルーンの貫きのナーフが発表されました。

 

ミニゴブは「デッキからコスト2のフォロワーをランダムに手札に加える」から、「デッキからコスト2‘以下’」のフォロワーをランダムに手札に加える」という効果に

ルーンの貫きは「自分のフォロワーが進化するときカードのコストを1にする」から、「自分のフォロワーが進化するときカードのコストを‘2’にする」という効果になります。

 

 

 

 

 

 

◯ルーンの貫きについて

ウィッチにおいて、1コススペルというのは非常に重要です。

例えばPP7、次元の超越のコストが5、フレイムデストロイヤーのコストが4のとき、このままでは2つのカードをこのターンプレイすることはできません。ですが、1コストのスペルをうてば残りPP6、次元の超越が4、デストロイヤーが3になり、二つのカードをこのターンプレイすることができるようになります(魔力の蓄積でも同じことができます)。

なのでルーンの貫きのコストが2になるだけで、ウィッチはなかなか動きにくくなると思うので、まあ妥当なナーフかなと思います。それでもかなり強いけど。。

 

 

 

 

◯ミニゴブについて

僕のOTKエルフの1コス2コスフォロワーはウォーターフェアリー3、メイ3、リノセウス3なんですが、この構築だと3分の1の確率でリノセウスが引っ張ってこれます。

で、もっと言えばメイとウォーターはキープするので実際の確率はこれよりもっと上になると思います。

確定でリノセウスを引っ張ってこれないのはかなり悲しいですが、リノセウスが死んだ訳ではないのでエルフがランクマッチから消えることはないのかなと思います。

あと、今までのOTKエルフは2ターン目の動きが非常に弱かったんですが、確定サーチのために2コスト帯をリノセウスだけにする必要がなくなったので、エルフ、ウィッチに強いリザを入れることもできるようになりました。

ていうか書いてて思ったけどこれアグロエルフだな…アグロエルフだ…

 

 

 

アグロエルフ使おう。終わり。